Mrs.GREENAPPLEの良さをみんなと共有したい

Mrs. GREEN APPLEのOzの歌詞解釈!元ネタに迫る!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

僕は元気がなくなった時によく聞いてノリノリになれるMrs. GREEN APPLEのOzについて考察していきます。

オズの魔法使い

まずオズの魔法使いという作品がもとになっています。

ドロシーという女の子がひょんなことから魔法の国に迷い込み、自分が住んでいたカンザスという都市に戻るために三人の仲間たちと大冒険するというミュージカル作品です。

一人目は自分は脳みそがないため、カラスも怖がらすことができないと思っているカカシ。

二人目は、自分は心が無い、心があれば嫉妬や愛情などたくさんの感情を楽しむことができるというブリキ男。

三人目は、自分の姿さえ怖いと思ってなかなか眠れないライオンです。勇気が欲しいと思っています。

ドロシーが自分の世界に戻る方法を教えてもらうためにオズの魔法使いに会いにエメラルドの都市を目指していく中でこれら三人と出会い、それぞれ自分の欲しいものをオズにもらうために冒険していきます。

この物語の面白いところはドロシーがもと居たカンザスでの身の回りの人たちと同じ性格、同じ人物が魔法の国でも、仲間や敵として登場するところです。

魔法の国に行かなくても自分の周りで起こっている問題を解決するべく、仲間と力を合わせれば、大冒険ができて問題を解決することができるんだよというメッセージを感じました。

Ozの歌詞解釈

オズの魔法使いと同じように、楽しく踊りながら自分の目標(=あの城)に向かっていくところを表現しています。

目標を達成するその日まで一日を楽しく過ごしてほしい。

自分の心に正直で過ごしてほしい。そしてオズの魔法使いのように仲間たちで自分たちの苦手なところを補いつつ、励まし合って人を思いやる愛を持ってほしい。

どんな困難が起こってもとりあえず全力で支え合いながら進んでいれば、グリンダのように困っている時は力になってくれる人が現れたりするよ。

道が三つに分かれていても自分がワクワクできる道を選べば、全力でその道で頑張ろうという責任だって出てくる。時には人に押し付けず言い訳をしない気持ちが大事だよ。

どの道に行っても苦しむそれなら少しでも楽しくてワクワクできる瞬間がある道を選べばいい。

あなたが目指した目標を達成したときに見える景色はどんなものですか。

どんなに苦しい時でも少しづつ進んで、無理やり楽しもうとすれば少しずつ楽しくなるよ。

オズの魔法使いのように少しづつ仲間と支え合いながら止まらずに歩む様子を楽しく表現してくれています。

ブリキ男は心が無いと思って、心を求め、

カカシは脳みそがないと自分を馬鹿だと思って、脳みそを求め

ライオンは自分が臆病だと思い、勇気を求め

ドロシーと旅をしていました。

ブリキ男は心が無いと思っていたけれど仲間を思いやれる愛を持っていたし、

カカシは脳みそがないと自分を馬鹿だと思っていたけれど、りんごの木を怒らせてりんごを投げてもらうという知恵を持っていた、

ライオンは仲間のためなら戦える勇気を持っていた、

それぞれ自分の求めていたものは自分の中にあった。

僕たちも夢をかなえる材料はすでに自分の中に在って、あとはそれを使って苦しいことがあっても楽しみながら歩み続けることができれば、夢をかなえることができるんだよという想いを感じました。

公式MVに込められた思い

Mrs. GREEN APPLEの公式HPのMVではメンバーをオズの魔法使いの作品に合わせて「僕はHeartがあったなら
僕は知恵があったなら
僕は勇気があったなら Ah」のフレーズで表現しています。

ドロシーをあやかさんがみんなを落ち着きのある力強いドラムで支えているところがみんなを引っ張っていくドロシーのようです。

最初は人前に出るのが苦手で自分の役割がわからなくて苦労していたけれど、もっと自由に音楽を表現していいんだと、積極的にライブでもみんなを盛り上げてくれる勇気を持っているりょうちゃんは臆病なライオンとして表現されています。

社会人経験のあるメンバーとは違う観点を持っている高氏さんは知恵のあるカカシとして、最初は音楽経験がメンバーの中で一番少なかったのにもかかわらず、全力でがむしゃらについてきた若井さんは愛のあるブリキ男として表現されています。

そして僕たちにたくさんの魔法のような体験をさせてくれる大森さんがオズの魔法使いなのではないかと考えました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青りんごの森 , 2020 All Rights Reserved.