Mrs.GREENAPPLEの良さをみんなと共有したい

Mrs. GREEN APPLEの青と夏の歌詞解釈!青春の宝物とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

今日は青春時代の夏の思い出がギュギュッと詰まった青と夏について考察していきたいと思います。

青春の宝物とは?

友達の嘘も
転がされる愛も何から信じればいいんでしょうね
大人になってもきっと
宝物は褪せないよ
大丈夫だから
今はさ
青に飛び込んで居よう

学生の夏は、恋に落ちて心が張り裂けそうな想いをしたり、部活に全力を費やして悔しい思いをしたり、人生でも心がこれほど忙しい時期は今までに無いくらいたくさんの経験をします。

 

その中で迷うこともあるけど、自分が正しいと思えることに全力を尽くして過ごした思い出は後で振り返った時に自分が生きていくちからになってくれる宝物になってくれるよというメッセージが込められています。

 

僕も過去の自分にこの曲を聞かせて背中を叩いてやりたいです。笑

青と夏の歌詞解釈

 

冒頭は夏の爽やかな晴れの日を描写していますね。ここで主人公が自分には青春や恋なんて無関係だなと思っていたことを表現しています。

恋が実らなくて傷ついたり、相手のことが気になりすぎて夜も眠れなくて胸が張り裂けそうなことがあってつらい経験をした。

 

それでも、やっぱりこの季節がやってくると次の恋を求めてしまうなぁという思いを代弁しているんだと感じました。

 

 

この部分では、生活をしている中で気になる子が現れて想いを伝えようとしている、もしくはもっと距離を縮めたいけど何もアプローチできず、帰る時間になって別れていく景色を描写していると思った。

 

 

スイカを食べながら、気になる人のことを想っているところを表現しているんだと思います。

 

友達と喧嘩したり、相手のことを想いすぎて何も手がつかなくなったりして、心が忙しいけど今は全力で目の前のことに取り組んだらいいよ

 

今しかない青春をかけがえのない時間を精一杯生きてほしいという思いが「青に飛び込んでみよう」という歌詞に込められていると感じました。

 

恋以外にも部活や自分のやりたいことに全力を尽くしていく経験が大人になった時に、自分のちからになってくれるよというメッセージがあります。

気になってる子に少しずつアピールしてる女の子が自分の想いに気づいて欲しいなと思ってる景色が浮かんできますね。

恋に落ちたら、四六時中その子のことが気になるし、ちょっとしたことでも嫌われたかなとか考えすぎて心が破裂しそうに苦しくなってくる気持ちを表現していますね。

恋が叶わなくて振られて悲しんで、苦しいと思っていても、この感情さえ忘れてしまうのは寂しいな。

こんな思いをしてまで人と繋がり会いたいと思える人間は素敵だ

だからこそ、たくさんの人がいい出逢いをできるような可能性を信じたいなという思いを感じた。

マジでこの歌詞の通り、自分の気持ちに素直になって、胸が張り裂けそうになっても一歩ずつ踏み出していくことが大事ですね。

たとえ盛大に振られたとしても、次チャレンジすればいいだけですから。

もし踏みとどまってしまったら、付き合える可能性を見逃しているかもしれないです。

自分から運命の赤い糸があったとしても、切っているようなものです。

行動した人にしか運命の赤い糸は現れないよという大森さんの思いだと考えました。

 

恋を実らせるのは自分次第だよ。自分が主人公なんだから、勇気をもって一歩ずつ踏み出していけばいい

たとえ、振られたとしても次に繋がるいい経験ができたと思えばいいよと大森さんが背中を押してくれていると感じた。

 

こうして大森さんの歌を考察していると、どの歌にも僕が感じ取れないだけでしっかりしたメッセージが込められているんだなと実感しました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青りんごの森 , 2020 All Rights Reserved.