Mrs.GREENAPPLEの良さをみんなと共有したい

Mrs. GREEN APPLEのアンゼンパイの歌詞解釈!アンパイを捨てるとは?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

キーボードの独特の音色から始まるアンゼンパイについて考察していこうと思います。

アンゼンパイを捨てるということはどういうこと?

まず「安全牌」なんかはポイッと捨てます!
例えば「災難」起ころうと大丈夫です

この歌詞から、夢を追いかけようとした時や自分を変えようとした時に、恥ずかしいな、失敗したらどうしようなど、いろんな感情が湧いてきて元の自分に戻ろうとします。

この挑戦を辞めて普段の自分に戻ろうとすることが安全牌を選ぶことなんだと思います。

ここでは、安全牌を捨てて、挑戦してほしいという思いが込められています。

アンゼンパイの歌詞解釈

アレもしたい
コレもドレもソレも
やってみたいような感じ
でもいつかは選ばなきゃいけないなんて怖いな

いろんなことに挑戦してみたいけど、そのうち大人になるにつれて自分のやるべき仕事を一つに決めないといけない。

そんな恐怖を表していると思いました。

正直自分の能力なんて
自分が一番分かっているつもりです
そのつもりでした
誰かの評価で決まるんだよね

自分の能力は自分が一番分かっていると思っていた。

でも成長していくにつれて、それを周りの人に評価してもらえるようにアピールして、周りの人に価値を与えているか評価してもらえる。そんな気づきを表現していると思った。

例えば、バイト先でいくら頑張っても、店長の前だけでアピールしている子の方が高評価だった。

こんな感じの悔しい経験を表してるのかもしれないですね。

まず「安全牌」なんかはポイッと捨てます!
例えば「災難」起ころうと大丈夫です

アレコレドレソレも
優しく大切に抱えます
でもいつかは壊れちゃうなんて 嘘だ そうきっと嘘だ

正直「全ての出来事なんて いつか終わりが迎えに来ます」
わかってます、そのつもりでした。
だから悲しくならぬように逃げてるの。

挑戦する時に、失敗したらどうしようとか、恥ずかしいななどと理由をつけて変化を恐れてしまう。 

それでも挑戦して失敗しようと大丈夫だよ。

自分が大切にしているものにも終わりがあって、自分にも終わりが来る。

そんなこと分かっていたけど、目を背けていたんだという思いが伝わってきますね。

そう!其の「不安感」なんかはポイッと捨てます!
と、云えど やっぱりそれは難しいよね
次に「思いやる愛」を大切にしなさい
「それ」に気づければ貴方は大丈夫です

挑戦に対する不安(=アンゼンパイを捨てる)や、すべてのものに終わりが来る不安を捨てるのは難しいよね。

人を思いやる愛を大切にしてほしい。これら二つを意識できれば大丈夫だよ。

愛だって 儚く終わる
涙さえ 乾くものだ
なんだって 別れが来る
それなら やったほうがいいな

愛だって、挑戦する時の恥ずかしさ、失敗への不安、これが正しい努力なのかの不安や悩みなどのすべての感情でさえなくなります

まず「安全牌」なんかはポイッと捨てます!
大丈夫。貴方のその眼は輝いています
続きは人に優しくできたら 伝授します
ヒントは 「夢」を作るのは人間達。

全てのものに終わりがあるからこそ、短い人生だからこそ、生きている間くらいは、夢に対するトキメキや人を思いやるあたたかい愛に満ちた人間でいて欲しい。

そんな人たちが子供たちの夢を作ってくれる人間達なんです。

そんな大森さんの熱い想いを感じました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
地方の大学生のshinto(シント)です。 このサイトでは、Mrs. GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青りんごの森 , 2020 All Rights Reserved.